天台宗別格本山 書写山圓教寺

english site


丈六阿弥陀如来坐像(常行堂)

丈六阿弥陀如来坐像(常行堂)

jourokuamidanyoraizazou

元は往生院の本尊で、1005年安鎮の作。 明治期に大講堂に安置された。

本尊は宝冠の弥陀と呼ばれ、法・利・因・語を含めた五尊で祀られていた。

安鎮は、性空上人の弟子で感阿(かんな)上人とともに彫刻に優れた技能を持っていた。

性空上人像(鎌倉に焼失)、摩尼殿生木如意輪観音像、五大明王像、彌勒寺の弥勒三尊も安鎮の作。