天台宗別格本山 書写山圓教寺



特別行事

新春護摩供(しんしゅんごまく)

元旦より三日間、当山恒例『新春祈願護摩供』を摩尼殿内不動尊前にて厳修いたします。

皆様の光り輝く希望の年の招福延寿のために、開運厄除・家内安全・無病息災等の諸願成就の御祈願をなされますよう、謹んで御案内申し上げます。

日時

元日 - 0:00・14:00
2・3日 - 10:00・14:00

場所

摩尼殿内 不動尊前

祈願料

一体 五千円。

お申し込み方法

摩尼殿納経所窓口で受付致します。御来山頂けない方は、別紙のお申し込み用紙に必要事項を御記入の上、FAXか郵便にて法要事務局までお送り下さい。護摩札は後日郵送にてお届け致します。

護摩札を授与し、導師による加持(かじ)・願意読み上げを致します。事前申込みの方の分に付きましては元旦午前0時に執り行います。

祈願料は摩尼殿受付窓口に直接御持参頂くか、現金書留又は郵便振込での御入金をお願い致します。郵送先・振込先は申込書に記載してあります。

護摩祈願名

大願成就・心願成就・諸願成就・交通安全・開運厄除
開運招福・家内安全・商売繁盛・身上安全・病気平癒
無病息災・身体健固・家門繁栄・学業成就・合格祈願
就職成就・五穀豊穣・釣果大漁・海上安全・営業繁栄
社運隆昌・子孫長久・家庭円満・福寿長命・良縁吉祥
安全祈願・旅行安全・工事安全・七難即滅・七福即生

五百円・千円の護摩木は随時、摩尼殿にて受け付しております。

修正会(しゅしょうえ)

修正会

「書寫山圓教寺修正会」(鬼追い)は、寛弘4年(1007年)当寺開山の性空上人の入寂後間もなく始められたものとされています。上人の遷化の後、生前から上人を守護し続けてきた乙天・若天の両護法童子(不動明王・毘沙門天)を山の鎮守として祀りました。奥之院開山堂横にある護法堂がそれです。この両護法童子は、五穀豊穣をもたらし災いを福と転じさせる神としても尊崇されています。修正会が行われるようになると、この護法童子を「悪鬼(災厄)を追い春を呼ぶ神」として登場させました。以来今日に至るまで、圓教寺の「鬼」(春を呼ぶ神)は護法童子のことを指します。

修正会

元々修正会は夜を通して行われていたため、僧侶の供養法要を初夜座(そやざ)、両護法童子の舞踏祈願を後夜座(ごやざ)とも云い、摩尼殿内部は完全に閉堂されて、ローソクと松明の明かりのみを頼りに法要が行われます。今回の中央大壇上には初夜の導師として塔頭妙光院住職、後夜の導師に瑞光院住職が登壇して勤めます。法要中に「鬼の箸」と呼ばれる魔除けの箸が配られますが、それぞれの導師が法要中にこれを加持したものです。外陣中央には「鬼の花」と呼ばれる造花が飾られています。これは法要中に諸善神を勧請するため、善神来臨のための依代(よりしろ)の意味があります。

摩尼殿に於いて午後1時より法要が開始します。圓教寺長吏はじめ、山内僧侶、末寺、縁故寺院住職約25名の出仕による観世音菩薩に対する供養法要執行後、引き続き両護法童子の舞踏祈願が行われます。宝剣を握る青鬼、赤鬼は槌を背負い松明を翳し、鈴を鳴らして、四股を踏むように四方四維の大地を踏みしめるのですが、これは大地を浄めて五穀豊穣を祈る行為です。

修正会

護法童子の舞踏祈願は代々書写東坂の梅津家の役となっています。梅津家は、性空上人がこの地に来て以来、一千年を超えて上人と圓教寺の世話をしてきた一族です。

日時

1月18日 13:00

場所

摩尼殿

外陣への入場に制限はありません。(約200人収容)

但し午後1時より2時間閉堂します。入場料も設けておりません。

秘仏御開帳

六臂如意輪観世音菩薩像

当日は秘仏の六臂如意輪観世音菩薩、および国指定重要文化財・四天王立像の開扉をいたします。御開帳は1年に1度、この機会しかありません。

午前中は内陣自由参拝。法要終了後も自由です。

※ 基本的に写真撮影は禁止ですが、許可時間内であれば撮影可能です。ただし、内陣での撮影は、圓教寺寺務所で配布する許可腕章を着用のこと。

無病息災「鬼の箸」

鬼の箸

牛王宝印(ごおうほういん)の護符をつけて、信者に配られる鬼の箸は、古来より、断ち割り削って箸にして使うと、健康なからだになるとか、歯が丈夫になると言われています。この鬼の箸に使われている木は、この地域では「タラノキ」と呼ばれていますが、正しくは「カラスザンショウ」という木で幹に鋭いトゲがあるところから魔除けとしての鬼を思い起こさせられます。また、健胃薬としての効能も認められているそうです。

無病息災、健康であるということは、すべての幸せの根幹です。

御開山性空上人の壱千年の御遠忌を記念し、ながく圓教寺を支えて下さった信心の皆様の「無病息災」を祈念し「鬼の箸」を授与致します。

「鬼の箸」ご希望の方は

摩尼殿 納経所までお問い合わせ下さい。

500円(二膳入り・100組限定)です。

節分会(せつぶんえ)

如意輪加星供(にょいりんかしょうく)(星祭) と豆撒き

2月3日は節分の行事を行います。立春の日は季節の変わり目であると共に一年の節目とも考えられ、この節目の日(立春の前日=節分)に鬼(厄災)を追い払う行事が行われます。圓教寺の節分行事は大正13年が始まりですので、比較的新しい行事と言えます。

午後1時より摩尼殿内陣にて、圓教寺長吏により如意輪加星供(星祭)という密教の修法が行われます。これは圓教寺の信者様のために『宿曜経』の経説に基づいて、悪星を善星に変え、福寿増長・願望成就・病患消除を祈願します。

同じく1時から摩尼殿内護摩所において不動明王護摩供養法が修されます。総じては国内安穏を願い、各々別には如意輪加星供にて祈願された札を護摩の煙に翳して加持をします。福豆もまた摩尼殿御宝前に於いて祈祷札と共に修法を受けたものです。

圓教寺で行われる節分の行事は、意義としては福豆授与も含めて「修正会」(鬼追い)の延長にあるもので、年頭に当たって悪鬼・邪鬼を退散させ、来る年を安穏であれと願うものです。

護摩供が終了してからは、年男による豆撒きが行われます。毎年3,4人の年男と圓教寺長吏、並びに山内僧侶によって催されます。豆を撒く行為は「マメ」が「魔滅」に通じるためという意味もあるそうです。

豆は直接撒かずに袋に詰めたものを使用しますが、袋の中には金の観音像一体の引換券、銀の観音像二体の引換券、大鏡餅の引換券、多数の宝金が入っています。引換券は豆撒き終了後、内陣でそれぞれと引き替えとなります。毎年多数の参拝者があるため、怪我の無きよう摩尼殿のお守りや納経関係の物品はすべて外に移して、堂内を空にして臨みます。

日時

2月3日 13時

 13時〜 如意輪加星供(星祭り)修法開始

 13時〜 不動明王護摩供養法

 14時ごろ〜 年男による豆撒き

場所

摩尼殿

参加

入場は無料です。

書写山の春は、正月準備から始まり鬼追いを終え、節分の行事 でようやくひとくぎりです。

しばらくは静かなお山にもどり、本当の春とともにやってくる巡礼の方たちを待ちわびます。

開運厄除 星祭のわけがら

古来より、私たちは皆その年々の星の気をうけて生まれると言われてきました。時と共に成長し生活環境や体調が変化するように、星もまた一定の周期をもって運行し、私たちに影響を与えていると考えます。その星が下の表のとおり、年々順に廻って行きますから、善い年と気をつけなければならない年ができるのです。

星祭と云うのは年の変わり目にその年の星をまつって、悪い年は無事災難を免れるよう、また善い年は一層良くなるよう祈るものです。

なに人もその年の無事幸福を願わぬ者はありません。この意味で七福即生、七難即滅の祈祷をするのです。

御家内はもちろん御知人の方々へもお勧め下さいまして、来たる一月末日までにお申込み下さい。

皆と喜びを共にし、共に栄えることは神仏の願いです。

御守札の授与について

一、当山では来る二月三日節分会に何才と云うその年の当たり年の星(当年星)をまつり御祈祷をして一人一人に御守札を授与します。

一、星祭りの申込につきましては、郵送の場合は一月末日までにとりまとめて、当日申込はお昼までに摩尼殿納経所へ申しつけ下さい。

一、お札は当日ご来場の際、納経所にて冥加料の納付と引き換えにお受け取りください。また、お札の郵送をご希望の場合は、冥加料を郵便振替にてご送金ください。

冥加料

紙札1,000円、木札3,000円

法華経不断読誦会

法華経不断経会

6日12:00から9日12:00までの72時間、途絶えることなく法華経を読誦する行で、序品第一から普賢勧発品第二十八までを繰り返します。

性空上人は寛弘4年(1007) 3月9日彌勒寺に於いて、門弟を集め、明日10日に生身を捨てるということをお告げになられ、10日未刻、西に向かって坐禅し、九十八歳で遷化されました。

この行事は性空上人御命日までの三日間、毎年途絶えることなく続けられておりましたが、明治以降久しく中断。平成9年、旧来どおりに復興しました。

江戸末期までは書写山内の東谷、中谷、西谷の衆徒が、歳末に行われる三千佛名会と同様に1日ずつを交代で担当していました。

現在では、開闢と結願は一山の衆徒全員出仕となりますが、それ以外は2~3名が交代しながら、三日間、昼夜途絶えることなく読経を続けます。

法要出仕の僧侶は、書写山内、末寺だけでなく宗派を超えて御参加いただいております。

天台宗は、法華経を基本教典としますが、なかなか全文を読む機会がないものです。是非この機会に法華経三昧をお勧めいたします。

一般の方は、期間中御都合の良い時間に外陣で聴聞なさるだけでも結構ですので御参加ください。

日時

3月6日 12:00
 〜 3月9日 12:00

場所

大講堂

性空上人忌・胎蔵界曼荼羅供法要

大講堂に於いて天台声明が流れる中、胎蔵界行法が行われます。

日次

3月10日 13:00

場所

大講堂

上人会

寛弘4年(1007年) 3月10日(旧暦)、書写山をお開きになった性空上人は98歳でお亡くなりになりました。 新暦の4月10日は上人様の御命日です。

今年は1002回忌にあたります。 この日に先立って3月6日 正午から、9日 正午までの72時間、妙法蓮華経の不断読誦会の後、3月10日には胎蔵界曼荼羅供法要が行われました。

御命日の法要は、法華三昧法要で、山内の住職、僧侶の他、縁故寺院の御住職様方、総出仕の元、厳かに執り行われます。

また法要の前後、奥之院開山堂の御開帳をいたします。

1998年に発見され、上人の没後間もなく彫られたと思われる坐像(平安時代)が、2008年に県重要有形文化財に指定されました。

3月10日と今回だけの、年に2度の特別御開帳をいたしますので、是非とも間近に上人様に御対面下さい。

法要時間の1時から3時頃までを除いて内陣に参拝して頂けます。

日時

4月10日
13:00

場所

奥之院 開山堂

三千佛礼拝行

三千佛礼拝行

三千仏とは、過去・現在・未来に出現する三千の仏さまのことです。三千仏礼拝行は本尊様や僧などに向かって、己の過ちを告白して懺悔(さんげ)する人々を救済するための悔過法要で、圓教寺では数百年続いている歳末の行事です。本来は僧がすべての人の罪を被り、罪を犯した人々のかわりに懺悔する苦行ですが、この歳末に、圓教寺の僧侶とともに自分自身の心の垢を削ぎ落としていくつもりで行じてはいかがでしょうか。

過去・現在・未来の三千の仏様のお名前を唱えて、五体投地礼を行います。

日時

12月14日 過去荘厳劫千仏

12月15日 現在賢劫千仏

12月16日 未来星宿劫千仏

場所

大講堂

参加費

無料

参加要項

この行事にはどなたでも自由に参加していただけます。

いつ参加されても構いません。

御都合の良いときに来て頂いて、体力に無理のない程度で、礼拝してください。もちろん座ったままで、仏名を一緒に唱えて頂くだけでも充分な礼仏です。

経本「三千佛名経」

100名様分の御用意があります。すべて読み仮名付です。

時間の配分(予定)
9:30 - 10:00〜100
10:00 - 10:30〜200
10:30 - 11:00〜300
11:00 - 11:30〜400
- 休憩 -
11:30 - 12:00〜500
12:00 - 12:30〜600
- 昼食・休憩 -
13:30 - 14:00〜700
14:00 - 14:30〜800
14:30 - 15:00〜900
15:00 - 15:30万行・結願

100仏終わる毎に5分程度の休憩があります。疲れたら、休み、体力が戻れば、また始めてください。我慢比べではありませんし、シゴキでもありません。自分自身の心の垢を削ぎ落としていくつもりで行じてください。

懺悔文の受付

参加者の受付は9時から、大講堂で随時。芳名帳に記帳して頂きます。参加費はありません。懺悔文については、大講堂で書いて頂いても構いませんし、自宅等で書かれたものをお持ち頂いても構いません。必ず封印してください。御本尊に御供えした上、月例の護摩供の時に、お焚きあげいたします。寺院の行事には、お彼岸やお盆の施餓鬼会、護摩供など様々ですが、僧俗問わず一体になって勤められる法要は、なかなか無いものです。この三千佛礼拝行は、それが叶えられる数少ない法要です。お誘い合わせの上、是非とも御参加下さい。

御不明の点については、遠慮無く、本坊までお問い合わせください。

懺悔文の受付

当日御参加いただけない場合は、冥加料1,000円で「懺悔文」をお受けしています。前もってお持ちいただくか、郵便にてお送りください。何れも封印してください。開封をいたしませんので、絶対に懺悔文と冥加料は同封しないでください。

懺悔文は、納め不動の12月28日に行われる月例の護摩供にて焚き挙げいたします。

送り先

姫路市書写2968 書寫山圓教寺 仏名会維那 宛

「懺悔文在中」と書き、現金書留にてお送りください。

冥加料は1,000円です。

大般若転読会

大般若転読会

この経典を読誦するならば、よき願いを叶えること間違いなく、この経典を一巻でも安置するならば、国内の神祇が集い来たって、その場所を守護し、転読によって風をおこせば一切の魔障を消除すること疑いなし。

まさに、災いを転じて福をもたらし、災厄を除いて良縁を与える、すばらしい威神力をもった経典です。

総じては、無礙自在にして広大無辺なとらわれのない境地を説き明かしています。まさに光り輝く諸仏の智慧と、深い海のような観世音菩薩の慈悲の発露そのものです。  

皆様の光り輝く希望の年の招福延寿のために、開運厄除・家内安全・無病息災等の諸願成就の御祈願をなされますよう、謹んで御案内申し上げます。

日時

奇数月 16日
10:00

場所

大講堂